注目キーワード
  1. WEB
  2. デザイン
  3. SEO

仕事と子育ての両立って難しい!働く子育てママの味方になるもの

3人に2人のママが働きながら子育て

今の時代、夫婦共働きが当たり前の感覚。働きながら子育てをするママは少なくありません。

現在では3人に1人の割合でママは仕事と子育てを両立させています。

ですが、実際両方をこなすのは一苦労。それに家事も加わるのでママは常にいっぱいいっぱいです。

もちろん夫との協力は必要不可欠ですが、シングルマザーの方や出張だったり旦那さんの仕事が残業が多く帰りが遅い場合もあり、なかなか協力を得られない家庭も多くいるのが現状です。

かといって、仕事を辞めるわけにもいかないですよね。

子育てと仕事で悩んでいる人必見!
両立させるにはどうすればよいのか、これからポイントを紹介します!

仕事と育児を両立させるためのポイント

ママが仕事と子育てを両立させるのは簡単なことではありません。

両立しやすい環境にするためのポイントを紹介します♪

 

♦家族のサポートを得る
仕事と子育てを一人でこなすのは並大抵のことではありません。
夫や実家、親戚などのサポートが得られる環境であれば頼りましょう。
♦家事は完璧じゃなくて良い
頑張り屋さんのママは、働いて子育てもしながら家事も完璧にこなそうとします。
でも家事は出来る範囲でOK!良い意味で手抜きも大事なのです。
♦子育てしやすい仕事を選択する
妊娠前と同じ働きをするのが困難な場合があります。
家庭によっては収入面も考慮する必要があるのかもしれませんが、時短勤務が可能な企業を選ぶことやフルタイムからパートに変えるなど選択肢を広げてみてはどうでしょうか?
♦子育て支援サービスを活用する
保育園では預け時間の延長ができたり、厚生労働省が運営するファミリーサポートセンターを活用することで、お仕事をするママの助けになります。ぜひ自治体の保育サービスを調べてみてください。
♦朝型の生活にする
仕事で疲れて帰ってきた後に夕食を作り、家事や育児をするのでは、家で過ごす時間にストレスを感じすぎてしまいます。
朝早く起きて活動する朝型の生活を習慣づけることで家での充実した時間を過ごすことができます。

家事の時短方法

家事に費やす時間が減れば、より子育てもしやすくなりますよね♪

家事が楽になる方法もたくさんあるんです!


《家事の時短方法》
・買い物はネットスーパーを利用
・お掃除ロボットや食器洗濯乾燥機などの時短家電を使う
・料理は作り置きして冷凍しておく
・「ながら」家事をする
・たまに家事代行サービスを利用する

とにかく家事は「手抜き」することを覚えておきましょう!

旦那さんが家事を積極的にやってくれる家庭でも、家事の時間を減らすことが出来れば、その分子育てに集中できます。

 

まとめ

いかがですか?
子育てと仕事を両立させるためにやった方が良いことは、

・家族のサポートを得る
・家事を完璧にやろうと思わない
・子育てしやすい環境の仕事に変える
・子育て支援サービスを活用する
・朝型の生活にする

働きながら子育てや家事を頑張るママは本当にすごいと思います。
男が仕事、女は家庭という考え方は古く夫婦共働きが当たり前の時代。でもいまだに女性の方が子育ての役割が多い家庭がたくさんあります。

両立するのは難しい事ですが、頼れる人、サービス、アイテムを活用することでママの助けになります。
頑張り過ぎず、手を抜きつつ、周りを頼って子育てをしていきましょう♪

最新情報をチェックしよう!