注目キーワード
  1. WEB
  2. デザイン
  3. SEO

電気代が超値上がりで大ピンチ!驚くほど節約になる裏ワザは知らないと損!

『電気代が急に値上がりした・・・』

そう思っているご家庭は多いはず・・・それもそのはず、いま電気代は過去5年で最高水準を記録しているんです!

しかも、世界情勢によってはこの先も電気代の値上がりが続くと言われています・・・。

これ以上家計に響くのは何とかして止めたいですよね。

そこで効果的に電気代を下げる節約術を紹介します!

実は私も間違った電気の使い方で毎月の電気代が平均よりも凄く高かったんですが、様々な部分を見直すことで電気代を大幅に下げることに成功しました!

固定費を節約できれば暮らしもより豊かになりますよ♪

電気代が上がって困っている方は、この記事を読んで月々の出費を大きく減らしましょう!

・電気代が上がって困っている方
・毎月の出費を抑えたい方
・電気代を節約する方法を知りたい方

コロナ、ウクライナ情勢で電気代の値上げは続く

いま、電気代の値上がりがなぜ起こっているのかというと、原因は下記のようになります。

コロナでの原油価格上昇
ウクライナ情勢の影響
・円安
・中国の脱炭素化
近年あらゆるものの物価が上昇していますよね。
電気代も同じく、新型コロナの経済停滞が回復するにつれてエネルギー資源の需要が増えています。それによって世界中でエネルギーの取り合いになって値上がりになっています。
中国の大気汚染や地球温暖化対策の一環として行っている石油代替のLNG発電によって日本の供給が困難になっています。
さらに2月に始まったウクライナ情勢
エネルギー大国であるロシアへの経済制裁が発令された今、天然ガスの価格が高騰しています。
 
ウクライナ情勢による影響は夏ぐらいからといわれているので、これから先も電気代の値上げは続きそうなんですよね・・・💦
 

私が電気代を安くした節約術

私が電気代を少しでも安く抑えるために行ったことで、効果があったものを紹介します!

①電力会社を見直す


電力自由化によって自分で自由に電力会社を選べるようになりました。

より自分に合ったものを選択できるんです。

電力会社を選ぶポイントとしては

①倒産がないような会社を選ぶ
②違約金などがないか契約内容を確認する
③営業で進められて安易に決めない
私はガスとセットになったプランの電機会社を選びました!「一人暮らし向け」「ファミリー向け」など家庭に合わせて選ぶとより節約できます。
場合によっては1000~2000円の節約になるので調べてみてください♪
 

②契約アンペアを見直す


電機会社を見直すついでに、契約アンペアが適切かを調べました。

3人家族で50Aとそれほど電位使用量が多くないのに大きいアンペアで契約していたので、30Aに変更しました。

トースター、電子レンジ、ドライヤーを同時に使えばブレーカーが落ちますが、同時にまとめて行うことはないので30Aでも問題なく使えています。

これだけで月々500~600円の節約になりました!

③古い家電を最新家電に買い替える


10年近く前の古い冷蔵庫を節電効果の高い最新の冷蔵庫に買い替えました。

10年以上前の冷蔵庫を買い替えた場合、約8000円の節約になるそうです!

大型家電を買うのは大きな出費になりますが、買い替える予定がある方は早めに最新家電に切り替えることで節約になりますよ!

誰でも今すぐできる節電対策

大きく見直すことは難しくても、日常生活の中で電気代を節約することは可能です!

誰でもできる電気代の節約方法を紹介します♪

エアコンの使い方を見直す

エアコンは使っている家電の中でも電気代が高くなるアイテムです。

使い方を見直すだけで大幅な節電になります!特に夏場などエアコンを常に使い時期は特に注意しましょう。

見直すポイントはこちらです↓

・こまめにつけたり消したりしない
冷房⇒28度暖房⇒20度を目安に設定する
・自動運転にする
・フィルター掃除や室外機の周りを掃除する
エアコンはつけた時に設定温度まで上げたり下げたりするときが最も電気代がかかります。
電気代がもったいないからと30分だけ消してまたつけるを繰り返していると、つけ続けている時よりも電気代が高くなります。
また、冷房を1度高く設定するだけでも節電の効果があるんです!さらに自動運転にするだけで効率的に電気代を節約できますよ。
エアコンの効率を上げるためにはお手入れや室外機まわりに物を置かないことも大事です。この機会に使う前に掃除をしましょう!
 

冷蔵庫の使い方を見直す

常に稼働している冷蔵庫。だからこそ使い方を見直すことで大きく節電になります。

見直して欲しいポイントはこちらです↓

・冷蔵庫を詰め込み過ぎない
・冷蔵庫を整理しどこに何があるかを把握する
・温度設定を調節する
冷蔵庫の放熱がうまくできないと電気代が余計にかかってしまうので詰め込み過ぎはNG!
きちんと整理し、取り出す時に時間がかからなければ電気代の節約になります。
また、庫内温度を季節によって調節してみましょう。冬は設定を「高」から「中」や「弱」にすると消費電力が小さくなります。
 

まとめ

効果的に電気代を下げる節約術を私の実体験とともに紹介しました。

これからまだ値上がりが続くと見られている電気代ですが、請求書を見て頭を抱えている人はぜひ早急に見直しをはかりましょう!

ちょっと手間かな、と思う方も一度見直すだけで月々の電気代はずっと安くなるのでお得度はすごく高いと思います!

意外と節約だと思っていたことが電気代を高くしていたということもあり得るので、ぜひ節約になる使い方を試してみてください!

食費を節約したい方はこの記事もおすすめ!

最新情報をチェックしよう!